ギュッと詰まる血管を緩和させよう|脳梗塞を治療して再発を予防

生化学実験

女の人

生化学実験の一つである免疫沈降法を行うに当たっては、抗体の状態に気を配ることが重要です。抗体と一体化させて抗原を分離するこの免疫沈降法では、抗体の作用によって実験の結果が左右されます。抗体が思うように活性しない場合や、何らかの理由で分離を阻害してしまう場合には、もう一度実験をやり直す必要が出てくるのが厄介な点です。こうしたことから、免疫沈降法を試みるに当たっては抗体の状態を最適にすることが一つの課題です。他の素材を用いて固定化させる方法や、より穏やかにバッファーを行う方法などが現在では試みられています。免疫沈降法は実験の過程で問題が起こることも少なくなく、適した改善法を見つけることがコツです。

免疫沈降法では、通常2通りの方法で行われます。遠心分離によって、抗体と結合した沈殿物を取り出すのが一つ目の方法です。この方法では、抗体の状態や遠心分離の仕方によって結果が影響されることがあるため、実験は慎重に行います。2つ目は磁気ビーズを用いた方法です。この方法では磁石を用いるのが特徴で、結果も概して正確と言えます。こういった免疫沈降法は、専用のキットを使用すれば手軽に行うことが出来ます。インターネットの通販でもこの手のキットは販売されており、詳細な取り扱い説明書もダウンロードすることが可能です。キットには数回の実験が出来る容量がセットされていることが多く、入手しておくことで実験が楽に行えるようになります。