ギュッと詰まる血管を緩和させよう|脳梗塞を治療して再発を予防

脳の血管が詰まる病気とは

男性

初期の対策とは

脳梗塞の治療は、発症直後は血栓溶解療法という脳の血管に詰まった血栓を溶かす方法が行われます。血液の流れを早急に回復させないと、詰まった血管の先の脳組織が壊死を起こしてしまいます。脳梗塞を発症してからおよそ1、2週間は内服薬や点滴などを使って治療していきます。その時に、片方の手足の麻痺や言語障害などの症状があらわれるのでリハビリテーション治療も一緒に行っていきます。血流を良くする治療はほかにもさまざまな方法が行われます。血小板は、血液を固める働きがあるためこの機能を抑制することにより血流をよくすることができます。また、脳細胞がダメージを受けた部分の血液の流れを改善させる治療もあります。それに、脳血管が詰まるとほかの血管も詰まってしまうのでそれを改善する薬も使われます。詰まる血管を緩和させましょう。

再発を防ぐには

脳梗塞の症状が投薬などで落ち着いてきたら、再発を防ぐための治療が開始されます。それぞれ脳梗塞の発症の原因によって治療法は異なってきます。心臓の不整脈が原因で起こる心房細動が元になった脳梗塞は、ワーファリンという血液の流れを良くする薬が処方されます。脳梗塞の再発の可能性が高い場合は、アスピリン、チクロピジン、シロスタゾールなどの薬が複数投薬されます。それに、血液を凝固させる血小板の力を抑制する治療が引き続き行われる場合もあります。頚動脈の血管が動脈硬化などで詰まりかかっている場合は手術が行われます。最近は、カテーテル治療で頚動脈の詰まりかかった部分にステントという金属の筒を入れ、血管を拡張する治療も多く行われるようになりました。

生化学実験

女の人

免疫沈降法を行うに当たっては、抗体の状態が非常に重要です。不活性化や分離障害などが起こる場合には、相応の改善策を試みることが求められます。免疫沈降法では2通りの方法が主に行われており、専用のキットも利用が可能です。

詳しく見る

求められる判断

医者

聴神経腫瘍の治療は手術、放射線治療とありますが、どちらもリスクがありますので経過観察を選択する患者が多い傾向にあります。聴神経腫瘍が良性であることも経過観察選択の要因ですが、良性であっても問題はあります。手術も放射線治療も腫瘍が大きくなってからではリスクが高くなりますので、適切な判断が求められます。

詳しく見る

ガン細胞を効率良く攻撃

先生

リンパ球と樹状細胞は、協力し合うことでガン細胞を攻撃します。樹状細胞の働きが少ないと、リンパ球がうまく働くことができないので、それを改善するために樹状細胞療法がおこなわれています。患者の血液中の樹状細胞にガン抗原を取り込ませるという治療で、これによりガン細胞を効率良く減らしていくことができます。

詳しく見る